お買い物の帰りに事故にあってしまいました。

長宇都その日はお休みだったこともあり、家族と車でお買い物に出掛けました。

と言っても、ウチは田舎の方なので、少しだけ遠くまで出掛けることになります。

1時間程度の距離なのですが、もう間もなく目的地に着くという時、事故は起こりました。

前方から一台の乗用車がやってくるのですが、動きがおかしいというか、明らかに前を見ていない感じです。

それは車線をはみ出しているところから判断されるのですが、危ないなと直感的には感じました。

しかし、まさか正面から突っ込んでくるとは思いもしませんでした。

瞬間的にブレーキを踏んだのですが、やはり間に合いませんでした。

ある程度スピードは落ちていましたし、向こうの車もそれ程スピードは出ていなかったようです。

そのおかげと言っても良いと思いますが、何とか体は無傷で収まりました。

しかし、車は見るも無残な状態です。

ボンネットは半分位になってるのでは、という感じでしたし、煙は出ていますし冷却水の漏れやら何やんらで、爆発するかと思うような状態です。

一応子供たちは救急車で病院へと直行です。

精神的なものだと思いますが、検査はした方が良いですよね。

そして警察の事故処理ですが、基本的に相手方も認めていましたし、まあ人のすることですのでミスはあります。

真摯に誤って頂きましたし、無事だったので許してあげることにしました。

が、その後の保険やさんとのやり取りが一番腹が立ちました。

こちらにも過失があるということです。

うわさには聞いていましたが、正面衝突は双方に過失を認めるとかいうことです。

停止していれば良かったらしいのですが、そんなことは無理ですよね。

少々保険屋さんには文句を言ったところですが、仕方ありません。

諦めるしかないですよね。

ということで、車を買い替えたりと、無駄な出費になってしまいました。

ホント、いい迷惑ですね。