私が自動車事故にあったのは、数年前のこと

私が自動車事故にあったのは、数年前のことでした。

ちょうど太陽が沈む少し前の夕方ごろのことでした。

少し遠出をした帰り、チェーン店のドラッグストアで妻と一緒に買い物をして、さあ帰ろうということで車を駐車場から出そうとしたときのことです。

そこは片側二車線の道路沿いで車の通りがかなり多く、駐車場の中でも道路に近いところに停めいていた私は、駐車場出口で少し車体を斜めにしながら、車の通りが無くなるのを待っていました。

そこに、駐車場に入ろうとしているのか、止まった車がいました。

私はその時、出会い頭衝突があってはいけないので止まっていたのですが、一度止まった相手は、私の車の横の隙間を通り抜けられると思ったのか、いきなり発進、加速して大回りに私の車の横を抜けて駐車場に入ろうとしました。

しかし、そんな隙間は実際にはなく、相手は車体の内輪側の側面を私の車の角にぶつけ、こすりながら駐車場へ入っていきました。

当然、警察を呼んでの話し合いになりました。お互いに少し離れた場所で別の警察官から事情聴取を受け、その後お互いの連絡先を交換しました。

私としてはこちらは止まっていましたし、当然相手の過失のみだと思っていましたが、甘かったです。

相手の保険会社からは、過失は五分五分、むしろそちらが強硬に出ようとしたのではないかと言う話がきたのです。

こちらは当然不服で、こちらの過失はないとの考えから、保険の弁護士特約を使い弁護士に相談し、相手に文書を送り交渉しました。

結果、何度かのやり取りのあと、こちらの過失ゼロ、修理代は全て相手持ちということで話がまとまりました。

こちらの過失がゼロと考えている時は保険会社が動いてくれないので、弁護士特約をつけておくことは本当に大事だと思い知った事件でした。